役に立たない旅行記 ウドンタニー編⑤。

観光地: ウドンタニー。
訪問日: 2020年1月18日

ウドンタニーのマラソン大会に出るために行きました。
自分でも覚えていないのですが、何故か朝一便をとってしまいましたので、、観光に行こうと思ったわけです。

過去にも何度か行っております。
ルークナムのどうでも日記をご覧になりたい方、暇で暇で仕方がないという方だけ、こちらをご参照下さい。
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-568.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-569.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-573.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-901.html


グーグルで検索してみました。※検索したけど、結局行ったことのある場所を選んだルークナムです。
82909479_2718674938216527_2399455931713716224_o.jpg

ウドンタニー空港到着です。
82736683_2718779144872773_1921139159263608832_n.jpg

お出迎え。
83400014_2718794974871190_1692401643598905344_n.jpg

やっぱりバンコクとは気温が違います。
82961889_2718805798203441_7828700064540262400_o.jpg

空港タクシーに頼むしかありません。
83102429_2718794998204521_4662359640313430016_n.jpg

ここで注意です。車代2000バーツとガソリン代1000バーツを請求されますが、「ガソリン代は実費にする。」と言った方がいいです。実際1000バーツもかかりません。ドライバーがやたら同じくらいだから払え払えと言うのですが、最終的に請求されたのは700バーツでした。
本当はガソリンスタンドに行き実費を払いたかったのに、意地でも行かなかったドライバー。せこく稼ごうとすんなと不信感をもってしまいました。
82925486_2718795051537849_3891862229900853248_n.jpg

結局、ここにしました。
赤い蓮の池です。多分3回目です。前回行った時、日の出待ちをしたのにも関わらず曇っていて、気付いたら太陽が上っていたという状況でした。リベンジしたかったですが、今回ウドンタニー到着が7時。すでに朝日は上がってしまっている状況でした。
83134274_2719229418161079_3948335453500866560_n.jpg

チケット売り場に到着して、「一人なんだけど乗れる?」と聞いてみますと、「船はもう出てしまって1時間半後まで戻ってきません。」と言われました。時間はたっぷりあるナムでしたが、何もない船着き場で1時間半も時間つぶせないし、第一花がしぼんじゃったらどうするんだよ~。
82295360_2719229451494409_4874628318629986304_n.jpg

ふと船着き場を見ると、まだまだ船があるではないですか?
「あの船は何?」と聞いてみると、大きい船は5~6人用で、500バーツだと言うのです。これが5,000バーツだったら考えてしまうところですが、良心価格500バーツ、いいでしょう。
と思っていたところで、日本人の声が聞こえます。その二人も待たされているようでした。
普段、日本人を見かけてもほとんど声をかけないルークナムですが、「一緒にシェアしませんか?」と声をかけずにいられませんでした。
お二人は快く了解してくださり、ルークナムは無事に3人で500バーツで船に乗ることが出来たのでした。
83885357_2719229484827739_2432907215779135488_n.jpg

このタイプね。↓
82577121_2719229564827731_3643849489422221312_n.jpg

出発です。
82859113_2719229658161055_4231638449897078784_n.jpg

続々と出港する船たち。
82691297_2719229684827719_1151074780338716672_n.jpg

写真タイム~。
82581651_2719229754827712_6189027476736311296_n.jpg

写真スポット3ケ所くらいに停泊してくれるので、思う存分に写真を撮りましょう。
いつもルークナム、写真を撮らな過ぎて、船頭さんに「もっと撮れ。」「立ってもいいぞ。」「船の端にいってもいい。」と催促されるくらいです。
82578011_2719229928161028_4321718925004898304_n.jpg

スタバのコーヒーを持って行ったので、ゆったりコーヒータイムです。
82237789_2719230254827662_1311214547230523392_n.jpg

82357385_2719229844827703_5151236221220945920_n.jpg

二人用のボートはこんな感じです。
82446598_2719230444827643_7044655949318979584_n.jpg

風が気持ちよくて、一緒に船に乗ってくださったお二人の旅行記を聞き、楽しい時間を過ごしました。
船着き場の横には小さな市場があるので、うろうろしました。
82521789_2719231098160911_9012643271817560064_n.jpg

お腹が空いていたけれど、次の観光地に行きたかったので、我慢しました。
82624023_2719231178160903_1803763406780497920_n.jpg

次は、パワースポットのคำชะโนด วังนาคินทร์ (ワット・カムチャノート)へお参りに行きました。ここは最強のパワースポットとも言われており、前回行った時には、もう外まで長蛇の列で、中にはいるまでにものすごい時間がかかりました。
でも、ルークナム、もう神頼みがしたかったのです。

ところが、ルークナム失敗しました。寺に行くので、ザギザギのジーンズをはいてきてしまっていました。寺によっては、「肌が見えるんじゃないか。」と言って注意されることがあります。(巻きスカートを貸してくれる。) 結果的には巻きスカートを巻かなくても入れましたが、お寺に行くときには無礼のない恰好で行きたいものです。
82447129_2719231311494223_2113253617644339200_n.jpg

道中、屋台がいっぱい並んでいます。
82336764_2719236111493743_1932205726617305088_n.jpg

なんだろう、とよーく見てみると…。
82436797_2719235724827115_5747935409178935296_n.jpg

お供え用のパヤナーク!
81898564_2719235688160452_7962110991523643392_n.jpg

82845058_2719235754827112_3836672398363459584_n.jpg

83000485_2719235804827107_6667832453823987712_n.jpg

こんな大きいものまで。
82302411_2719235854827102_3713846968036884480_n.jpg

ルークナムも準備しました。
だって、小さいのでいいかな、と思ったら、ドライバーが「本気の願いならでかいのにしろ。」って言うんだもん。二つで798バーツだったと思います。
82329949_2719235931493761_8689763908430331904_n.jpg

いよいよです✨
83089268_2719236248160396_1850122661003264000_n.jpg

ルークナムのお供えアイテムです。
だいたい皆さん、一つしか持っていなくて、じろじろ見られました。「こいつ本気だな」的な。
82279248_2719237321493622_2411469582305853440_n.jpg

入口です。
82417822_2719237661493588_2848972285564420096_n.jpg

ちゃんと靴は脱ぎましょう。お参りエリアはすべて裸足です。
82778671_2719238641493490_5335489304607064064_n.jpg

どこでお参りしたらいいのか分からなくて、その辺にいた係員みたいな人に聞いたのですが、その人もよく分かっていなかったので、適当にやりました。
82592030_2719239101493444_6677627414505324544_n.jpg

お供え。
82929909_2719238738160147_6036913844079558656_n.jpg

ここは、パヤナークの住む水底の宮殿につながっていると信じられているそうです。
82865931_2719239168160104_4793138246265602048_n.jpg

手を洗う人、飲む人、ペットボトルにいれて持ち帰る人、いろいろでした。
82358633_2719239224826765_7302337369850511360_n.jpg

82264165_2719239374826750_3035240821008891904_n.jpg

神木?
83536076_2719239591493395_2380536016659283968_n.jpg

82541255_2719239691493385_9008096915790757888_n.jpg

さて、出口に向かう時に竜の身体を触りながら歩きました。行きはお供えものを持っていたので触れなかったのです。
82246522_2719239731493381_5055251703679418368_n.jpg

82266667_2719239778160043_1483223005273260032_n.jpg

82460338_2719239854826702_5481386058002202624_n.jpg

82496504_2719239898160031_1536202032459808768_n.jpg

終了~。
82207634_2719239944826693_546724159682510848_n.jpg

82498780_2719239994826688_6290216785970987008_n.jpg

腹ペコだったので市場へ行って。
83018372_2719240051493349_6045315534549942272_n.jpg

もち米焼きを食べました。翌日走る予定だったので、糖質注入です。
82725744_2719240154826672_8584650519505534976_n.jpg

そしてやっぱりここには行かないと!!
アヒル公園です。
82356327_2719739498110071_8273188798393745408_n.jpg

ルークナムのトレーナーWIN君のお姉さん家族と会って、公園の周りを散歩しました。
83471808_2931655670201879_7244835978324475904_n.jpg

82310162_2719743658109655_5789151487309381632_n.jpg

夕食~。
83484914_2719739648110056_913196607900483584_n.jpg

82142523_2719739721443382_7595729502123065344_n.jpg

82734573_2719739781443376_7674260990560567296_n.jpg

日も暮れて…。
アヒルを見に行ったら、なんと撤去中でした。お姉さんが言うには、中国正月かバレンタインイベントのために、飾りつけ中なんじゃないかってことです。
83488617_2719743721442982_497237499253358592_n.jpg

82405722_2719740094776678_3593456960260800512_n.jpg

83187617_2719740058110015_791331536556261376_n.jpg

この時ウドンタニーではいろいろなイベントが開催されていたようなのですが、そのためにどこに行っても渋滞していて、お姉さんの車を停める場所を探すのだけでも一苦労だったので、私のホテルの部屋に来て遊んでいました。
82886859_2931653833535396_3629635917926367232_n.jpg

ウドンタニー県、県立127年記念イベント。
72325214_476061246315162_6701550730236395520_o.jpg

理想図。
81902849_538568640064422_6119684349274095616_n.jpg


マラソン大会もウドンタニー観光も、そしてWIN君お姉さん家族とも楽しい時間を過ごし、満喫できた週末でした。
ルークナム、ぼっちが好きで、そこそこの自分勝手ちゃんですが、普通に日本人の友達もタイ人の友達もいます。インスタのストーリーには書きましたが、ルークナムが本当に助けが欲しい時に助けてくれる人たちもいます。
だから、今、ちょっとどん底なんですけれども、救われてもいます。どん底の時になんか本当に友達が分かるな~って思ったりしました。


応援して頂ける方は、
更新がなくてもぽちっとして頂くと喜びます♥

 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ






関連記事

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド ウドンタニー

プロフィール

luuknum

Author:luuknum
『Run and Be Happy』 

タイで、現地採用で働いてます。なんだかんだでタイが好きで日本も好きです。
タイのマラソン大会に参加してます。「デブのランナー」を目指してましたが、デブには限界があることに気付き、ダイエットもしています。
体重幅は20㌔。生まれてから、太ってはダイエット、リバウンドしてはダイエットを繰り返している学ばないデブです。
タイのマラソン大会に関するご質問メールには出来る限りお答えしております。
※マラソン大会以外の記事を書くこともありますが、それに関するお問合せは、受け付けておりません。※本文中のマラソン大会情報は、事前連絡なく変更される場合がございます。エントリー・大会参加に関しましては、ご自身による再確認及び自己責任にてお願い致します。※本文へのコメント書き込みは停止中です。

カテゴリ
最新記事
luuknumの過去の記事を検索!
luuknumの全記事表示↓

全ての記事を表示する

ルークナムへメール☆彡

名前:
メール:
件名:
本文:

いつも有難うございます♥
ポチっとお願いします♥
お気に入り★ブログ
ルークナムのインスタ✨
TABIO♥
泊まっちゃおう★
♥AGODA検索♥
ためになるブログご紹介