役に立たない旅行記、ホアヒン編。

いつもの如く、情報不足・文章力不足・表現力不足なルークナムの旅行記です。今日はホアヒン編です。いつも友人が車を出してくれるのですが、マラソン大会と聞いただけで拒絶反応を起こされてしまいました。残念~。一人で行くしかないのですね。

ということで自力で行きましたとも。

〇行き(列車)
http://tts.railway.co.th/m/pdf1.php?ln=en&line=4&trip=1

〇帰り(リムジン) 1900バーツ
https://www.thaicalltaxi.com/
帰りは時間を使って体力消耗したくなかったので、金を遣いました。

ルークナム、いきなりしくじってしまいました。
8:05の列車は特急列車なので、事前予約しておくべきだったのを知らなかったのです。わざわざ早起きをして、ホアランポーンへ行き、「ホアヒンまで!」と言ったら、なんど、「満席です!」と言うではないですか。ルークナム、長距離の寝台列車には乗ったことがありますが、こんな朝一の時間帯に特急列車があるなんて、この日まで知りませんでした(涙)
というわけで、9:20までぼーっと待っておりました。
そう! そしてこの待ち時間に何か食料を調達しれおかなければならなかったのに、ただただぼーっとしていたルークナム。後で、空腹に苦しむことになるのです。

ぼーっと待っていたBLACK CANYON。
32258107_1698169420267089_7158165320702623744_n.jpg

何回来ても写真を撮りまくってしまいます。ホアランポーン大好きです。
32228659_1698166593600705_1039381793574223872_n.jpg

32222366_1698166546934043_388431379051839488_n.jpg

32244132_1698166626934035_6469795579139457024_n.jpg

32267191_1698193450264686_8257789455146942464_n.jpg

32226913_1698193416931356_4419458087010697216_n.jpg

32261052_1698193503598014_3137042064298999808_n.jpg

32238652_1698193546931343_152563143933952000_n.jpg

ホアヒンまでは44バーツです。
32235743_1698166650267366_1451999056887808000_n.jpg

途中で、売り子さんが水やらフルーツやらぶっかけ飯を売りにきます。だから楽勝だと思っていたのですが、ルークナム、糖質制限中なので、こういう時に食べられるものが限られてしまうのです。ムーピンとかガイヤーン売りを待っておりましたが、結局最後まで来なかった。ルークナム寂しく持参したナッツをぼりぼり食べていました。

”世界の車窓から”みたいじゃね、と気を紛らわせるものの、ものすごく暑いし、お尻は痛くなるし、空腹だし、で体力の消耗が半端なかったです。
32253593_1698334750250556_6138212674980282368_n.jpg

32231516_1698334803583884_5281922975002525696_n.jpg

32257805_1698334843583880_8333403556983865344_n.jpg

31632062_1698337723583592_4592221892361846784_n.jpg

そうこうしている間にかなり遅れてホアヒンに到着。やっぱり無理はするもんじゃないです。普通にバンか、リムジン使えばよかった。楽しかったけれども…。
32267212_1698392573578107_4252378194134433792_n.jpg

32267356_1698392606911437_6599808534156673024_n.jpg

32266360_1698392756911422_678075581127983104_n.jpg

えっと。ホテルまでどうやって行けばいいんだろう。→時間はたっぷりあったんだから、列車の中で調べておけって話です。
面倒になって、結局、バイタクで行くことにしました。駅からホテルまでは、80バーツと言われました。でも、100バーツ出したら、釣りはないと言われ、100バーツ払う羽目になったルークナムです(涙) 
ルークナム、子供のようなバイタクの運転手が子連れだったので20バーツはチップであげてもいいかなと思っていましたが、取る気満々で釣りはないと言われるとちょっと気分が悪くなりました。ま、いいけど。
32349150_1698392926911405_8081559074317008896_n.jpg

そんなことを考える間にも、空腹過ぎて倒れそうだったので、ホテルにチェックインした後、すかさず、ランチにしました。もう15:00を回っていたと思います。「ホアヒンに着いたら、シーフード食べよう♪」と思っていたのに、どうでもよくなってしまいました。

ドレッシング、かかり過ぎだったけど、もうがつがつ食べました。
32235303_1698417050242326_3040031582149672960_n.jpg

ワインを飲んでいたら、本来の目的を忘れそうになってしまうので、1杯で止めて、マラソン大会のレースキットの受け取りに行きました。そうこうしているうちに、気付いたら18:00.。せっかくホアヒンまで来たのに、どこへも行かないなんて寂しすぎるので外出することにしました。
32260551_1698417023575662_9015670124249612288_n.jpg

ホテルの前に停まっている乗り合いバスで、マーケットまで行くことにしました。バス代10バーツ。
32294696_1698538136896884_2902365330418434048_n.jpg

いきなりすごい人でした@Tamarind market。地元民とタイ人観光客、外国人観光客であふれていました。
32293861_1698538210230210_7166248444858728448_n.jpg

でもルークナムはこっちに行きたかったので移動です。@cacida marketです。
32290843_1698538316896866_7488690980007182336_n.jpg

雑貨のお店がずらーっと並んでいて、ぷらぷらするのにちょうどいいです。
32332106_1698538650230166_4964665994388701184_n.jpg

32293742_1698538533563511_4176995676934111232_n.jpg

32286683_1698538463563518_7508798234475626496_n.jpg

小腹が空いたら、クーポン食堂エリアへ。
32266830_1698538833563481_8573252161633255424_n.jpg

ルークナム、食べてばっかりです。
32257256_1698538696896828_8828901650316918784_n.jpg

暗くなってきたら、ますます人も増えて、バンドが始まっていました。最初に行ったTamarind marketです。
32266532_1698621340221897_1498554161619271680_n.jpg

座る場所ももうなくて、諦めて、帰ることにしました。
ホテルに行くときに乘ったバイタクのお兄ちゃんもホテルの警備員さんも、このマーケットからホテルまで歩くのはムリだって言ってました。でも、Google Mapを見ると、2㌔くらい。どうも歩けそうな距離でした。結局、30分くらいで戻ることは出来ましたが、歩いている人はいませんでした。
32385555_1698621400221891_1295262188289654784_n.jpg

で、ルークナムは何を買ったのか…。
Tシャツ250バーツ。山岳民族の服500バーツ。鍋つかみ65バーツ。わざわざホアヒンで買うアイテムじゃないっすね。
32247373_1698621443555220_2518906015961841664_n.jpg

ホアヒンには、もっと観光名所もありますが、海&マーケットで満足してしまいました。って、いつにも増して、どうでも日記になってしまいました。ごめんなさい。
もっと体力的にも精神的にも元気な時にまた行きたいです!


ぽちっとお願いします。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ





タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド ホアヒン

役に立たない旅行記、ハジャイ編②

昨日からの続きです。

やっぱり連れてきてもらってよかったです。
青い空、青い海は、心を癒します。近くによると、そんなにきれいな水でもないし、泳いでいる人もゼロですが。
29314865_1641659425918089_7855822701410123776_n.jpg

29315058_1641659562584742_5386079621307432960_n.jpg

ずーっと海岸沿いを走って行ったら、見覚えがある場所に出ました。そうです! (←誰も覚えちゃいないって!) 前回、ソンクラーのマラソン大会に出た時に観光した場所です。
29261171_1641659832584715_6640026182714654720_n.jpg

過去の記事:
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-727.html

前回訪れた時には、天気があまりよくありませんでした。今回は、もう晴天。インスタ映え! (但し、くっそ暑い!) 
29261670_1641660112584687_1679626705758584832_n.jpg

29250096_1641660079251357_6973367618283503616_n.jpg

29313279_1641659872584711_7874173683621691392_n.jpg

海を見て喜んでいるルークナムに「来てよかっただろう?」とどや顔のドライバーさんです。そして、「山の上にいい寺があるらしいから、行ってくれば?」と勧めます。
前回、下調べをしなかったせいで、せっかくソンクラーにいたのに行かなかった寺があるらしい。ルークナムは喜んでその言葉に従いました。その時には気付いていなかったのです。その人はムスリムなので、仏教エリアに詳しくなかったことに。

恋人向けの愛のお参りパワースポットだったのだ(涙)
29249878_1641660475917984_488937479248805888_n.jpg

ルークナム、目が泳いじゃいましたけど?
29249713_1641660592584639_1045910186813816832_n.jpg

ぼっちで何をしろと?
29258483_1641660635917968_5841207934045913088_n.jpg

涙目になってきた。
29313301_1641660749251290_6863193138681348096_n.jpg

是非行ってみたくなっちゃった方は、エレベーターで行けるので行ってみて下さい。
29342255_1641660132584685_1058728112981803008_n.jpg

お値段も良心的です。
29342672_1641660165918015_8921373155193257984_n.jpg

素敵な老夫婦が二人でお参りしているのを見ながら、ルークナムは両親が末永く仲良く暮らしてくれるように祈りましたけど。
29249676_1641660405917991_9154668893879402496_n.jpg

29250211_1641660785917953_2049694801812520960_n.jpg

この場所もお参りの順番があるので、入口に書いてある注意書きを先に見て下さい。
29314044_1641660859251279_7286841454264057856_n.jpg

サルがいっぱいいましたよ。
29261745_1641660305918001_4852616821691383808_n.jpg

そんな感じだったので、ドライバーさんに、「ここの寺は、愛のパワースポットだったんですけど(怒)」と言ったら、「ごめん、ごめん。知らなかったよ。でも景色はキレイだったでしょ?」と言い訳されたので、まあ、それはそれでよしとします。
ルークナムが再度訪れる日は来ないでしょう。…悲しすぎる結末になったのでありました。

『完』


ルークナムの今日のひとり言:
ルークナムの長~いハジャイ編にお付き合い頂いて有難うございました。 旅ランはそれなりに疲れるけれども、非日常なので気分転換になります。正直バンコクに戻りたくなくなるくらいブルーな気分になってしまったルークナム。もう本当にハジャイの空港でどんよりしてしまいました。
いやいやいや。お金を稼がなくちゃ、旅ランは出来ません。また頑張ろうっと。
29314889_1642577599159605_3015806583620763648_n.jpg


はっ。Σ(゚д゚|||) 
ホテル編、忘れてました。明日はホテル編で~す。ハジャイ編、あと1日お付き合い下さい。


応援、ぽちっとお願いします。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド ソンクラー ハジャイ

役に立たない旅行記、ハジャイ編①

いつもの如く、情報不足・文章力不足・表現力不足なルークナムの旅行記です。今日はハジャイ編です。
ルークナム、ハジャイに友人はいませんので、案内してくれる人もおらず、前日調べた情報をもとに、空港タクシーで観光しようと思っていました。
ところが、ハジャイ空港内のTATのブースにいる観光案内スタッフ、空港タクシースタッフ共にルークナムの行きたい場所、却下。「そこは人気がない。」「何もない。」的な…。
やっぱり現地のことは現地の人に聞かないとね。(←強がり。)

まずは、空港タクシーを10:00~15:00でチャーター。提示された価格は2500Bでしたが、値切ってみたら、2000Bになりました。本当は一か所だけ行く予定でしたが、時間が余ったので、ドライバーさんが追加料金なしで、ソンクラーまで行ってくれました。
先に書いておきますが、ドライバーさんはムスリムの人だったので、バクテーも食べたことないし、仏教の寺にも詳しくないです。でも、多分、駐車場にいる他のドライバーさんに聞いてくれたりして、「ここに行くか?」「どこがいい?」とか気にしてくれてました。翌朝も空港まで送ってくれるように頼んでおいたのですが、30分前に電話が来て、10分前にホテルの前で待ってました。顔は怖くて、不愛想だったけど、いい人でした。


Hat Yai Municipal Park
Hatyai Municipality Park
中国寺って雰囲気で、爆竹が鳴り響き、観光客も多いですが、もちろんタイ人ファミリーも多く、お参り&観光名所という雰囲気でした。
29343170_1641651319252233_3839219670452273152_n.jpg

29342451_1641651352585563_3491612857492045824_n.jpg

29365642_1641651425918889_671094266407157760_n.jpg

29261245_1641651532585545_1287753193886842880_n.jpg

29250263_1641651395918892_5768813051931262976_n.jpg

そんなに混んでなくてゆっくりまわれます。気温が高いとへばりますが、せっかくの機会なので全部まわりたいもの。
29258140_1641651562585542_533888263371358208_n.jpg

29313141_1641651639252201_9051294339644260352_n.jpg

29339540_1641651599252205_7427143162352631808_n.jpg

ルークナム、神頼みばかりしているワケでもないですが、やっぱりお寺の雰囲気は落ち着くし。お参りは好きです。
29365475_1641651682585530_9135324928113901568_n.jpg

29313656_1641651729252192_6124419795531071488_n.jpg

天気がよかったので、街がきれいに見えました。
29261271_1641651795918852_7643014201539035136_n.jpg

やたらすすめられたのが、このケーブルカーでした。ただ、そこそこ待ちますので、本当に時間に余裕を見て行った方がいいです。
29314699_1641651932585505_461780787583254528_n.jpg

タイ人100バーツ。外国人200バーツです。(往復)ルークナムがいくら払ったのかは、ひ・み・つです。
29261339_1641651975918834_4114482604034490368_n.jpg

8人乗りで、2台が往復していますので、たまたま団体観光客の後ろに並んでしまったら、とんでもアンラッキーです。
29339888_1641652075918824_185915231434702848_n.jpg

29257740_1641652115918820_6217992474187530240_n.jpg

29314791_1641652159252149_4705144691471941632_n.jpg

到着です。こっちもお参りスポットです。ケーブルカーを使わなくても、車があればどちらのエリアにも行けると思いますが、ケーブルカー、乗る価値ありでした。
29313006_1641652612585437_7595840024516493312_n.jpg

お参りする順番があるので、お線香を購入する場所で聞いてからお参りするのがいいと思います。
29313943_1641652682585430_4329969969497374720_n.jpg

29257551_1641652712585427_8345453375495602176_n.jpg

29257622_1641652742585424_5933111025770430464_n.jpg

29356121_1641652789252086_6311061589403369472_n.jpg

29315352_1641652809252084_2315310963970015232_n.jpg

お参りが終わったら、元の場所に戻ります。
29257740_1641652115918820_6217992474187530240_n.jpg

暑さでくらくらしちゃったら、こじんまりコーヒーショップで休憩です。
29313919_1641653022585396_2216037712660529152_n.jpg

まあまあの景色です。
29356594_1641652975918734_3267689020913614848_n.jpg

さて、本当はここだけで、観光は終わりの予定でした。ただ時間が1時間くらい余ってしまって、ドライバーさんが「ソンクラーに行って、海でも見るか?」と言ってくれました。
ルークナム、翌日のマラソン大会のレースキットの受け取りも気になってましたが、せっかく来たんだから、ってことで、連れて行ってもらいました。
情報がないわりに写真が多くなってしまったので、ソンクラー海編は、明日へ続きます。


あ、寺の脇になぜかプラネタリウムがあります。ルークナムは寄りませんでしたが興味のある方は忘れずに寄ってみて下さい。
29342985_1641653049252060_977662009724108800_n.jpg



応援、ぽちっとお願いします。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド ハジャイ

役に立たない旅行記: チャンタブリーのカオ・キチャクートへお参り。

地名:チャンタブリーのカオ・キチャクート。
時間:バンコク出発 20:00

ここは期間限定で開山されるタイ人に絶大な支持を受けているお参りスポットです。ただ、何気に金の臭いがするため、ビジネス+観光+お参りという気がしなくもありません。※あくまでルークナムの印象です。
でも、毎年、この時期になると友人が誘ってくれて、友人に会いたいのと、若干の山登りで運動出来るし、そしてお参りも出来るので、日程が合えば、一緒に行ってます。
ここのところ、ルークナム、旅ランが3週続いてしまったので、その週末はずーっと寝てようと思っていましたが、友人達がわざわざ日程を合わせてくれちゃったため、運気アップのために行ってきました。
友人二人と友人のお父様が運転して連れて行ってくれました。

今年の開山は、2018年1月17日~3月17日。まだ間に合うのでパワースポット・マニアの方は是非行ってみて下さい。
参照:
https://travel.sanook.com/1406165/
https://travel.kapook.com/view9265.html

※ルークナムは、暗いうちに行き、暗いうちに下山したため、写真が全体的に薄暗いです。済みません。そして行ったことのない人にか分からない表現が若干まざっていることをお許し下さいませ。ルークナムの文章力では、うまく説明が出来ません。

バンコク出発 21:15です。そしてチャンタブリーに到着したのは、0:40。不安要素は、「雨」でした。
28377605_1619616798122352_7110233240597880665_n.jpg

カオキチャクットへ登るためには、①徒歩 ②麓にある2ケ所のトラック乗り場からトラックで行く と2つの方法があります。②を選んだからって、すぐにあの岩の前まで行けるワケではなく、トラックで行けるところまで行き、そこから歩きます。
ルークナムにとっては、ちょっとハードですが、普通にビーサンで登る人や子供を肩車しながら悠々と上がっていくタイ人がいるところを見るとルークナムの体力はまだまだですね。

トラック乗り場は2ケ所ありますが、どっちがいいかは、その時々の状況によってい違います。正直、「運」ですので、まずは、パワースポットへ行く前に自分の運試しをしてみて下さい。

今回、友人のお父様が選んだのはこちら。…そしてそれが正解!
28279648_1619616844789014_419930381031027369_n.jpg

列めっちゃ短い。
28167232_1619616901455675_8706309378437163531_n.jpg

ゲットです。待ち時間40分くらいでした。トイレに行ったり、お水を買ったりしているうちに、あっというまに乗車の時間になってビックリ。
往復で200B。
2018年は、中腹での乗り換えはなしでした。
28276375_1619617001455665_8179284535118302740_n.jpg

注意して下さい。
毎年オペレーションが変化します。
①でかい子供は金払え。
②上ではお参りセットは売ってない。
28058516_1619616931455672_4518655332820284958_n.jpg

だから、お参りセットを購入しました。お得意の”買わせるための大作戦”かと思いましたが、本当に山の上では売ってませんでした。
28056803_1619617031455662_1657819256305833780_n.jpg

確か、前回行った時には、このお花を撒きながら山に登りました。それがきれいで好きだったのですが、中止になっていました。
28166852_1619617098122322_6990037404443740930_n.jpg

※2016年の様子です。→2018年は禁止です!
12744450_975699319180773_6148586105812690886_n.jpg

安全装置も何もついていないピックアップトラックの荷台を改造した乗り合いバス。うまく説明が出来ないのですが、すんごい急な坂をこのピックアップトラックで上ります。しかも、なぜかある場所では右側通行、ある場所では左側通行。もう乗客すべての命がドライバーにかかっているわけです。遊園地のジェットコースターさながらです。身体を支えるので腕が筋肉痛になります。
雨の日は、運航しないので、それも運次第です。
友人は助手席に乗っていたのですが、出発前までは、でっかい音楽を流していたドライバーが出発した途端、音楽を消して、運転に集中したらしい。
28167666_1619617141455651_2920259693885407911_n.jpg

ご参考までもうひとつの方のバス乗り場の様子をお知らせしましょう。
28167100_1619617168122315_265998720976152692_n.jpg

バスを待つ人たち。
28276942_1619617204788978_73528133468576765_n.jpg

途中で入山料を払います。
28056772_1619617251455640_5066491606892866343_n (1)

まずお参りしなければいけないのは正面。
28059093_1619617358122296_5160001352906344752_n.jpg

2番目です。
28058672_1619617401455625_3726667087988387722_n.jpg

28377458_1619617431455622_8143237742736918201_n.jpg

3番目です。
28168320_1619617458122286_2116329799120961994_n.jpg

4番目。正直、しっかり順番にお参りしたのはここまで。後は、もう気分次第です。
28059493_1619617598122272_4754626477604328007_n.jpg

後ろを振り返ればこんな感じです。行ってきます。
28058920_1619617571455608_2737768132910200488_n.jpg

28059364_1619617648122267_7714480110393509294_n.jpg

『籠屋サービス』もありますが、今まで見かけたことがるのは、お坊さんとお年寄りです。
28276369_1619617688122263_3982729154755314936_n.jpg

とにかく歩いてはお参り。
28378433_1619618394788859_7748143225192871715_n.jpg

支払いスポット タンブンスポットがいっぱいです。
28378589_1619618441455521_2572081285185774286_n.jpg

鐘を触りながら登り。
28279619_1619618461455519_5033529422947386615_n.jpg

気付くと寅の足跡のところまで到着です。明るければ絶景なのですが、まだ暗いので見えません。
28276266_1619618708122161_6727252718508992572_n.jpg

限定お札をゲット。
「ここでしか。」「今年しか。」「もうこれしかない。」という言葉にめっちゃ弱いルークナムです。お賽銭をいれると頂けるということなので、タンブンしました。
28059524_1619618771455488_2924436477441309846_n.jpg

28166290_1619619034788795_3688573736350966037_n.jpg

28280042_1619619078122124_93155011420457849_n.jpg

景色が岩になってきます…。
28277249_1619618678122164_9016399043248560740_n.jpg

到着です。
28167059_1619618884788810_357195344015025046_n.jpg

後ろはこんな感じ。
次々と登ってくるので、もうずっと手前から停止状態です。そして靴の置き場もないので、もし無くなってしまってもクレームする場所はないです。
28166290_1619619034788795_3688573736350966037_n.jpg

やっと岩の近くまで来れました。
お坊さんと一緒にお経を唱えて。
28280042_1619619078122124_93155011420457849_n.jpg

金箔をはり。
28379358_1619619121455453_7014770919424750001_n.jpg

仏陀の足跡という記念の場所に金箔・お金・小石(お参りセットにはいっている)を入れます。
以前は、花、線香、蝋燭、誕生石の小石、生まれ年の小石、お金、願い事を書いた紙…などをいれたのですが、今年から簡素化…?
28471919_1619619154788783_1097977337231955208_n.jpg

岩肌に祈りました。なんだか、またこの場所に来れたことが嬉しくて、泣きそうでした。
友人に感謝、運に感謝、すべてに感謝です。
28168058_1619619211455444_7105939956003338491_n.jpg

さて、本当はここが最終地点ではありません。「赤い布の場所」がゴールです。たったの500Mなのですが、かなりキツイので覚悟が必要です。
①坂の傾斜がすごい。
②地面が滑る。
28468188_1619619304788768_9006554226672365401_n.jpg

行ってきます。
友達は「行きたくない」と言っていたのですが、ルークナムが行きたいと言って、一緒に行きました。友達、最後にはちょっとむっとしてました。ご、ごめん。
28058808_1619619334788765_437906794997443324_n.jpg

ただ森の中を歩くだけではなく、お参りエリアがたくさんあるので飽きないのですが、キツイです。
28378597_1619619584788740_5909230672573950599_n.jpg

28168714_1619619638122068_8028423502991304521_n.jpg

28166970_1619619741455391_2278564864315484262_n.jpg

到着です。
さっくっと書いてますが、本当にきつかったです。
1930888_1619619818122050_3744716426314997714_n.jpg

赤い布を頂きます。
28166839_1619619784788720_8998239860963742088_n.jpg

名前や願い事、感謝の気持ちを書きます。
ルークナム、書いても3行くらいですが、タイ人、びっしり書いています。
それを木に巻き付けます。
28059448_1619619874788711_9108048022746671547_n.jpg

これで本当に終了です。
28167900_1619619914788707_6421495153945490944_n.jpg

帰りは、近道があるというものの、上りアリ、下りアリ、歩きやすいように整備されているわけではないですし、しかもまだ暗かったので、足元がおぼつかず、怖かったです。
28056314_1619619948122037_4801635171447948731_n.jpg

28168806_1619620004788698_7746262156352136248_n.jpg

28471331_1619620081455357_6536940418501510214_n.jpg

帰りの乗り合いバスも、大混雑です。大勢で行かれる場合には、ここで待ち合わせをするよりは、下山をしてから待ち合わせをすることをおススメします。
28059170_1619620174788681_8081988149562341616_n.jpg

どんだけ下山コースの下り坂がすごいか、写真に撮りたかったのですが暗い&速くて無理でした。機会がありましたら是非体験してみて下さい。

下山したら、すこし空が明るくなっていて、こんな景色が見えました。
28280137_1619620234788675_860341421708102370_n.jpg

28276484_1619620328121999_1632242941659937574_n.jpg

到着です。
28059272_1619620358121996_3407191277226790223_n.jpg

乗り合いバスの場所にもなっているお寺でもお参りをして。
28168617_1619620404788658_725096126772501811_n.jpg

朝ごはんを食べ。
28377802_1619620548121977_3379142304313769952_n.jpg

空を見上げたら、もう明るくなっていました。
28467886_1619620521455313_5989605565326421981_n.jpg

「雨の予報はなんだったんだろう。」というのはさておき、今までの参拝で一番早い時間で終了することが出来たのは、運気が上っているからに他なりません。
すごく身体は疲れていて、徹夜だったから眠いはずなのに、なんだか目が冴えていて、清々しい気分でした。

以上、なんか分かりにくくて本当に済みません。ここについて詳しく書かれているブログもありますので興味がありましたら是非探してみて下さい。
今回のお参りは、神様と友人に感謝です✨



ルークナムの今日のひとりごと:
最近、気になったことがあるので書いておきます。
日本人に対して、日本人が、「頭がタイ化している。」「タイ人みたい。」という時、どういう時に使うのでしょか? →驚くことに、どうやら、悪口として、非難する時に使うようなのです。
それ、ブーメランだから止めた方がいいと思います。
自分の周りにいるタイ人が、ろくなタイ人しかいないよ、と公表しているようなもんです。
例えば、時間にルーズ、責任感がない、お金の無心など…でしょうか。(←思いあたることはそれくらいしかない。)

でも、多分、本当にタイに関わっている人たちの周りには、時間をきっちり守る、仕事の責任を果たす、本気で心配してくれる、ずっと友達でいる、などなど、そういう人がたくさんいるはずです。
タイ人の友人達が私に対して、「ルークナムってタイ人みたいだね。」という時、それは褒め言葉です。
タイに住んでいる、タイに関わっている、タイに旅行に来ている人なら分かるはずです。日本人が上で、タイ人が下なんてことは決してありません。日本人に対して、「タイ人みたいだ。」という言葉を悪口で使う人、タイ人を下に見ている証拠です。恥ずかしいです。
自分の周りに素敵なタイ人達がたくさん集まるように努力した方がいいと思います。
ルークナムは、タイに陶酔しているわけでも、タイ人になりたいわけでも、タイ人の家族がいるわけでも、ありません。その上で、「タイ人みたいだ。」という言葉の意味を考えてみました。


応援、ぽちっとお願いします。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





タイ・ブログランキング


ルークナム、メモ。
2013 NOK、PORN、PUI
2014 PUI、NID
2015 ×
2016 MON
2017 ×
2018 MON

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド チャンタブリ カオキチャクット

役に立たない旅行記、ウドンタニー編④

去年の記事はこちらから。
初めてウドンタニーに行った時の記事:
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-459.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-473.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-474.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-475.html
二回目に行った時の記事:
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-568.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-569.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-573.html
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-576.html

正直、去年の記事と重複する部分があります。
何故なら、今回はリベンジだからです。
…と思って、金曜日は半日有給休暇をとって、夕方までにウドンタニーに到着予定でした。ところが、安定の問題発生です。驚かないしっ! まあまあまあ、国内線の変更だったら安いものなので、払いましょう。(←強がり。)  

会社を17:30に出たかったのに問題が多すぎて、からの帰宅。家を出たのは18:20でした。金曜日の夕方なんて激混みなのに、40分でドンムアンに到着することが出来るのでしょうか。ルークナムったらもう涙目でタクシーを探しました。汗だく&涙!
そしたら偶然にも、「え、本当ですか。僕、ドンムアンにお客さんを迎えに行きたかったんですよ~。」というタクシーに出会いました。
神様、有難う。日ごろの行いがいいから、ギリギリのところで神様の助けがはいりました。
「お金はいくらでも払うから、お願いだから早くドンムアンに到着して!」ってなワケで、何とかぎりぎり45分前までにカウンターへ到着出来たルークナム。
運転手さん、有難う。思わず、チップ弾みました。

無理かと思ったけど、無事にウドンタニーへ到着です。
28168841_1612301382187227_7822943561362792375_n.jpg

最終便だからタクシーとかなかったらどうしよう、って思っていたのですが、ちゃんとまだやってました。
27972834_1612301488853883_8357255809642282104_n.jpg

乗り合いバンで街中まで80B。乗客のホテルを順番にまわっていくので、運が悪いと結構時間がかかるかも。
27867902_1612301532187212_85836665726566236_n.jpg

ホテルに到着して、スタッフに「今からUDタウンに行きたいんだけど。」と告げると、「お一人で、ですか? それは止めた方がいですよ。」と言われたので、ホテルのレストランでふてくされてワインを飲みました。

さて、翌日です。
ウドンタニーの友人がホテルまで迎えに来てくれました。ルークナムが、「蓮の池で、朝日を見たい!」と言っていたので、いつも遅刻するのに、時間通りに来てくれた友人。ちゃんと5:30にホテルを出たのですが、実は、この蓮の池、船着き場が二つあったようで、友人がさびれた小さい船着き場へ行ってしまいまして…。そこから移動。もう朝からドタバタです。

えーん(涙)
もう明るいんですけども?
27858534_1612827865467912_8114190907881911161_n.jpg

27971838_1612827972134568_8373437683840590497_n.jpg

あ、でも日の出はまだか…と安心していたんです、この時は。
28056787_1612828005467898_3469971540970722555_n.jpg

船の近くの蓮の花を撮影。
28056703_1612828085467890_5727629328700381351_n.jpg

みんなで日の出を待ちます。
28056288_1612828115467887_1063213591417192114_n.jpg

ん? もうとっくに日が上ってる!! 
曇ってて、地平線が見えなかった。
28058408_1612828308801201_8586909695060517749_n.jpg

ルークナム、タイ人男性と行ったのですが、別に恋人じゃないので、二人の写真はいらないし、朝日も見えないので、交代で2~3枚づつの写真を撮って、ぼーっとしていました。あまりに感動が薄い私たちに船頭さんが、「もっと写真をとれ!」と催促する始末です。ルークナムのお友達はFBに載せたので分かると思いますがあの多くの写真は船頭さんの手前撮らざるをえなかった写真の数々です。

もうううう。
期待していたのと違う…。
27867626_1612828598801172_6205737816818801486_n.jpg

きれいはきれいだけど。
27858647_1612828788801153_1327684322850895431_n.jpg

なんか、不満…。
28166691_1612828875467811_4412333559599164010_n.jpg

これはまた行けってことなんでしょうか。
27867588_1612829032134462_5047783077019532101_n.jpg

景色はイマイチだし、ご飯食べてないからイライラが止まりません。
やけ食いです。
28167340_1612830922134273_693545710004239943_n.jpg

もうどこでもいい!
27972263_1612831008800931_3163924806509676451_n.jpg

あらやだ、かわいい♥
27867082_1612831128800919_7284144026587587009_n.jpg

頂きます。注意:二人分ですよ。
27972666_1612831198800912_7657501353797495669_n.jpg

イサーンといっても、もうどこも舗装されていますが、やっぱり赤土を見ると、イサーンって感じがするのは何故でしょうか。
27867722_1612831242134241_6915849691400852423_n.jpg

ウドンタニーの街は、中国正月真っ只中でした。おめでたいっていうか、金かかってる!
27971951_1613032912114074_7499462803703862898_n.jpg

28168399_1613032945447404_5104090391625243594_n.jpg

27973463_1613032995447399_6613647557956438407_n.jpg

28056255_1613033062114059_2157270295867355908_n.jpg

ウドンタニーへ行くと、イサーン料理を食わなくちゃという気分になりがちですが、人気はベトナム料理(ネムヌアン)です。何故か、友達は必ず、この店に連れて行ってくれるんです。
28166832_1613033092114056_5325668321406366852_n.jpg

注意:二人分です。
27858131_1613033195447379_7773885472629897874_n.jpg

お腹がいっぱいになったので、お参りです。วัดโพธิสมภรณ์(Wat Pothisomphon)へ行きました。今回で3回目ですが、初めて本堂に入れました。前回はお葬式をやっていたり、読経の時間だったりで、入れなかったのです。
27858101_1613033712113994_5644590726382499023_n.jpg

27858697_1613033738780658_2193383527086668074_n.jpg

27858781_1613033762113989_4460576340501134484_n.jpg

そしてこちらも忘れずに。
27972661_1613034022113963_8715701779169957001_n.jpg

三階建てなので、それぞれの階を見学です。亡くなられた偉いお坊さんの像と遺品が展示されています。王室の方が訪問された様子の写真が飾られています。それを見学しているうちにあっという間に時間がたってしまいます。
27972961_1613034122113953_1993758914861794878_n.jpg

朝が早かったので、一旦ホテルに戻って休憩。
夕方から、市場めぐりをしました。

1つめの市場。田舎の市場のしょぼさがいい味だしているじゃないですか!
27973189_1613247065425992_2867886385162630807_n.jpg

27868144_1613247118759320_3725722949194373539_n.jpg

27972877_1613247092092656_9217704395216502632_n.jpg

2つめの市場。手前は青空屋台、奥に行くと小さなお店がいっぱい並んでいます。
28056019_1613247142092651_7311035110227184435_n.jpg

鉄道の駅がこんなに近くにあるのなら、次回は列車の旅も楽しいかもしれません。
27972360_1613247198759312_3328943558644741441_n.jpg

キタ━(゚∀゚)━!。
念願のUD TOWNです。ずーっと来たかったのです。特になにがあるってんじゃないけれど、市民に人気のマーケットです。
27858515_1613032818780750_5681290398535582854_n.jpg

雑貨エリアがあったり。
27459821_1613247355425963_8137266460752586370_n.jpg

写真エリアがあったり。
27867662_1613247388759293_5254375185213089733_n.jpg

広~い食堂エリアがあったり。
27867777_1613247415425957_1448528545664897280_n.jpg

満喫です。
28058806_1613247572092608_720684254245359132_n.jpg

やっぱりソムタムですよね、ってことで、夕ご飯は、ソムタムとキノコのスープと魚を食べました。注意:二人分です。
27867864_1613247478759284_553410593474102885_n.jpg

おしゃれなお酒エリアもありますので、時間があれば、寄りたいところ。
でも、ほらルークナムの目的は翌日のマラソン大会だから。(忘れそうだったし!)早めに部屋に戻りました。
27858396_1613247755425923_1774074216246642578_n.jpg

さて、翌日、マラソン大会をb時に終え、街に戻ったらここに寄らないわけには行きません。
あひる池~。
28056843_1613933655357333_4205540784885970176_n.jpg

いた♥
28058922_1613933675357331_2647069369077099947_n.jpg

バレンタイン&中国正月仕様でした♥
27867121_1613933712023994_1132265338484248458_n.jpg

マラソン大会で、無料食事をしてきた後です、けーれーどーも!!!!!
友人が連れてきてくれたのはこちらっ!
28058709_1613934428690589_2621750056953382376_n.jpg

ルークナム、このスタンダードな「カイ・ガタ」が大好きです。いろいろ上に乗っているものもありますが、これで十分! 注意:三人分です。
28056164_1613934488690583_4819540350929874923_n.jpg

今回は、本当にダイジェスト観光でしたが、やっぱり満喫致しました。
旅ランのいいところは、観光して、おいしいものを食べて、いつもと違うコースを走ること。さすがに連続だったので疲れましたが、ものすごい気分転換! ストレス解消!! ハッピーです!!
これがなかったら、毎日何のために働いているのか分かりません。ルークナムはこれのために働いていると言っていいくらいです。

次はどこに行こうかな~。
とそんなことを考える時間も楽しい時間です。
新しい場所、二度目の場所、何回も行っちゃう場所。気軽にどこでも行けちゃうのが、タイのいいところですね。


ぽちっとお願いします。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド ウドンタニー

プロフィール

luuknum

Author:luuknum
『Run and Be Happy』 

タイで、現地採用で働いてます。なんだかんだでタイが好きで日本も好きです。
タイのマラソン大会に参加してます。「デブのランナー」を目指してましたが、デブには限界があることに気付き、ダイエットもしています。
体重幅は20㌔。生まれてから、太ってはダイエット、リバウンドしてはダイエットを繰り返している学ばないデブです。
タイのマラソン大会に関するご質問メール・コメントには出来る限りお答えします。
※マラソン大会以外の記事を書くこともありますが、それに関するお問合せ・コメントは、受け付けておりません。

カテゴリ
最新記事
luuknumの過去の記事を検索!
luuknumの全記事表示↓

全ての記事を表示する

ルークナムへメール☆彡

名前:
メール:
件名:
本文:

いつも有難うございます♥
ためになるブログご紹介
ポチっとお願いします♥
お気に入り★ブログ
ルークナムのインスタ✨
安心旅★JTB
あると便利★クレジットカード
TABIO♥
お買い物は★楽天
買っちゃおう★Amazon
商品の検索↓
キタ━(゚∀゚)━!♥
ルークナムにも出来た!
買っちゃおう★Lazada
泊まっちゃおう★
♥AGODA検索♥