シェムリアップ:負け旅。

今日は、マラソン関連ではありません。ルークナムのマラソン情報ファンの皆さま申し訳ございません。
ルークナムが初めてカンボジアという国へ行き、どういう経験をして、どう感じたかを書きたいと思います。

ルークナムの負け旅の定義=楽しくなかった旅。また行きたいと思わない旅。


さて、初のカンボジア旅行(ぼっち移動)にドキドキしているルークナムです。わざわざAMAZONで本を買ったり、師匠に本を借りたのに、忘れました。(バカ過ぎです。)
20597416_1433806846703349_4713167998530698875_n.jpg

飛行機の中でビザ申請用紙とイミグレ用紙を受け取ります。
20620832_1433806993370001_2890520592445106881_n.jpg

シェムリアップ到着です。
20622158_1433807186703315_7862427785885762250_n.jpg

なんか新しくてきれい。
20621058_1433807103369990_6198908509891038819_n.jpg

ビザの申請です。ちゃんとしたサイズの写真を持っていかないと受け付けてもらえない、サイズはコロコロ変わるので注意というような記載をどこかで読みましたが、ちょうど免許申請の時に使った小さい写真を持っていて、「これを使いたい。」と言ったら、普通に受け付けてくれました。
20604674_1433807213369979_3833558229667905026_n.jpg

ホテルへチェックインとレースキットの受け取りのために車を予約です。
20621942_1433807293369971_6904902937699666789_n.jpg

ドライバーさんはいい人でした。
20621100_1433807306703303_7567286981461040290_n.jpg

ただやる気があり過ぎて、売り込みがすごくて、つい「2時間くらいで行けるところはどこ?」と言ってしまったのが運のつき。
20526031_1433807340036633_8939617712493898339_n.jpg

街並みはこんな感じで、一昔前のイサーンのような雰囲気。
20622166_1433918756692158_7351660603773645195_n.jpg

到着です。
高い割につまらなかったです。名前も知らない湖。 まずここで船代30ドルを払いました。
20597420_1433918796692154_471904134198413517_n.jpg

非常にしょぼい。「この未開発のところを楽しむんだよ」、という方もいるでしょう。でも、ルークナムは、むむむ、でした。
20637924_1433918856692148_5875328430387071428_n.jpg

わくわく感ゼロです。
20597412_1433918873358813_8858842815501011883_n.jpg

船のドライバーと一緒に乗り込んでくる案内人。その時はそういうシステムかと思ったのですが…。

洪水で親を亡くした、カンボジア人・ベトナム人の子供たちがいる学校を見学させられました。ここの運営は観光客の寄付で成り立っていると言われた時に、嫌な予感がしたんですよ。でも、「10ドルくらい寄付箱に入れればいっか。」と思っていました。
20597009_1433919023358798_4197858855194584562_n.jpg

コメ指定。
超~デブな悪徳代官のようなじじいが、コメを売りつけてくるんです。30ドルの袋は、ここにいる子供たちの1食分。大きい袋(値段は忘れた)は、ここにいる子供たちの1日分のコメです。あなたのお金で子供たちが救われる、とゴリ押し。
20637945_1433919056692128_4638514945551467569_n.jpg

仕方がないので買いましたが、この米、またあとで、あの店に返しにいくんじゃないかって最後まで疑わしかったです。
20621925_1433919083358792_3393206977424667799_n.jpg

ワニとヘビが見学できると言われたけど、却下。しょぼそう。マングローブの道をカヌーで散策できると言われたけど却下。絶対別料金ですよね。発展途上国だから仕方がないとはいえ、だったら、もっと安くしろ~。
ルークナム、どうしてもバーツ換算してしまうんですよね。で、タイと比べちゃう。貧乏な国の少ない観光収入なんだろうけど、ぼったくりにもほどがあります~。
20525932_1433919136692120_7287860269035469559_n.jpg

時期が悪かったのか、時間帯が悪かったのか分かりませんが、これの何を見ろと?
20597070_1433919173358783_7751154735198175816_n.jpg

そして、船が岸に近づくと言われました。
「チップくれ。」と。
ルークナム、その時の持ち金はすべて、10ドル札で持っていて、「別に何もサービスされていないけど、一人10ドルくらいでいっか」と単純に思いました。ぼーっと考えている私に、「バーツでもいいよ。二人で1000バーツくれ。」と言われました。1時間で一人500バーツとか有得ないだろーがっ! タイの最低日給が300バーツなんですけど。 
船代の30ドルには、彼らの賃金は含まれておらず、ただ働きだそうです。そして、自分がどれだけ貧乏で大変なのかを説明するその人の話をそれ以上聞きたくなかったので、二人で500ね、と言って渡しました。満足するかと思ったら、「足りない。」と言われました。
金額指定のチップ要求~!!! なんだかどよーんとしたルークナムでした。
20597484_1433919236692110_3434057398159629204_n.jpg

そして、そのままホテルに戻り、午後から予約しておいたベンメリア遺跡ツアーへ行きました。
参照:http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-670.html

そして翌日です。
最近、Twitter、FBで評判になっている少し日本語の出来るトゥクトゥクのドライバーに連絡を取っておきました。予約内容は、
5:00 ホテル→アンコールワット
6:15 待機(ルークナム、マラソン大会)
7:30 アンコールワット→ホテル
8:30 待機
9:00 ホテル→アンコールトム
10:30 アンコールトム→空港
金額:25USD

ちゃんと時間通りにホテルに来て、マラソンのスタート地点へ連れて行ってくれ、走り終わった後ホテルに送ってくれて、「じゃ、9時まで待っていて。」と言った時に、ドライバーに言われた言葉に耳を疑いました。
「時間が足りないです。別のところに行きますか?」
だ~か~ら~、事前に申し込んだんだよね? 無理なら無理ってなんで先に行ってくれないんですか? なぜなら、カンボジア人だから。 2時間くらいに行けるところはどこか、と聞く私に、「どこに行きたいですか?」と聞くドライバー。まじ使えねえ。 知らないから、雇ったんでしょうが。

ルークナムが分からない中で無理矢理決めた場所はこちらでした。地元の寺です。ルークナムの寺好きは、すでに皆さまがご存じの通りです。
20622289_1434855349931832_6897201559485278630_n.jpg

20638892_1434855519931815_8425792777539749283_n.jpg

20604226_1434855643265136_7296537386340346620_n.jpg

20622071_1434855676598466_6738669812521938889_n.jpg

ちょうど結婚式中の方がいまして、撮影隊が写真を撮りまくってました。
20638429_1434855719931795_2366234800049346743_n.jpg

パブストリートへ行きました。
夜の方が盛り上がっているらしいですが、昼間でも楽しめました。友人たちは、この地区にホテルを予約していたらしいです。ここだったら一人旅でも楽しめそうです。
20638356_1434855753265125_105368505414913492_n.jpg

20638215_1434855843265116_6435563976554752839_n.jpg

20638781_1434855873265113_8698655182624101276_n.jpg

20597308_1434855916598442_7184407204457207472_n.jpg

20604537_1434855966598437_3435909225039262308_n.jpg

20638183_1434856049931762_8475072847144859483_n.jpg

少しドキドキしながら入ったお店で、コーヒーを飲みました。
20597138_1434856096598424_3395537203323031901_n.jpg

旅の締めにはふさわしかったです。さよなら、シェムリアップ(しんみり)。
20621848_1434856126598421_175597504085769715_n.jpg

空港まで送ってくれたドライバーに、約束の25ドルを払おうとしたら,
「チップ込みで30ドルでもいいよ。」
と言われました。お前もか~っ。このドライバーは、TwitterとFBで「カンボジアのドライバーはぼったくりのドライバーが多いから気をつけてね。」とか書いているような人でした。お前も同類かよ。小銭を持っていなかったら、「お釣りがない。」と言うパターンでしょうね。でも、その時のルークナムはきっちり25ドル持っていたので、それを払いました。
何か特別なサービス、例えば、そのドライバーしか知らない穴場の店に行ったとか、水を買ってくれたとか、どこかで「あ、いい人だな。」と思わせてくれる部分があったのなら、喜んで払ったでしょう。
普通だったからっ。平均レベルだからっ。後から、「FBのページにコメント書いてね。」とメッセージが来ていましたが、無視です。いい人だったら紹介しようと思ったけど、しません。
20664011_1434975726586461_5670733487117996253_n.jpg

ルークナムの旅はこうして終わりました。言葉が通じないというハンデもあったでしょう、下調べをしなかったのはルークナムのミスです。
ただ、タイに20年住んでいるルークナムにとっては、『タイが圧倒的に勝ち』です。心底、「早くタイに帰りたい。」と思いました。例えば、(ルークナムが出会った範囲で→)タイ人の皆さまのサービス精神が上、タイを好きになって欲しいと思って頑張るところも上。タイを好きな人がいると嬉しそう、タイ語を話すと喜んでくれるなどの面を、カンボジアで感じることはありませんでした。
どよーんとした気持ちで、空港内に入ったら、まさかの飛行機遅延っ! とほほ、バンコクエアウェイズ、お前もかっ(涙)?‼

ルークナムの今日のひとり言:
ルークナムは、タイ人の子供が学校に通うための支援をしています。今年で3年めです。一人につき一年で約10,000バーツで、二人分の支援です。年に一度、子供からタイ語の手紙がきます。
支援というのは、強要されるものではなく、納得してやるもの。タイに長年住んでいて、将来のタイを背負うかもしれない子供、貧乏だから勉強する機会を逃しているかもしれない子供を支援している団体の主旨を理解したので始めたわけです。行先が分からない金、日本人の同情心に付け込んだチップの強要は、嫌でした。そういうワケなので、今の気持ちは、「しばらくカンボジアはいいや。」です。
疲れました、心が。



ぽちっとお願いします。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





タイ・ブログランキング


テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : カンボジア

Angkor Empire Full & Half Marathon 2017に参加した時に泊まったホテル。

ホテル名:Apsara Angkor Resort & Conference
宿泊日:
チェックイン5AUG17
チェックアウト6AUG17
予約日:6MAR17
料金:THB1,965.86

何故このホテルを選んだかというと、レースキットの受け取りがこのホテル、前日のパスタパーティがあるのもこのホテルだったからです。ただそれだけの理由!
もっと街中にしておけばよかったです。強くそう思いました。
シェムリアップの街にこんなに普通にトゥクトゥクが走っていると思わなかったし、ドライバーがやる気満々だとは思わなかったのが失敗でした。

ホテルは、いたって普通。可もなく、不可もなく。
入口は一見豪華ですけれども。
20526081_1433913693359331_6665768037954865366_n.jpg

レセプションの人の対応は非常によかったです。それは◎
20620755_1433806416703392_7480039927549454127_n.jpg

地味~なロビー。
20597106_1433806436703390_837456708708288613_n.jpg

普通に清潔。冷房の効きもよし。
20664601_1433806463370054_2083450423149791847_n.jpg

バスタブあったけど、使いませんでした。シャワーの水の出は、よくないです。お湯が出るまでに時間がかかります。
20621887_1433806483370052_3423416169236788678_n.jpg

部屋についてたコーヒー、3 in 1は、タイ製でした。
20664505_1433913730025994_9073024399223337504_n.jpg

初日の昼、ルークナムは有り金はすべて10ドル札。そして1ドル札は1枚しか持っていませんでした。
周りの屋台に行って、「USドルは使えるか?」と聞いたのですが、お釣りがないらしい。そしてようやく買った、1ドルの肉まん。かわいそうなワタシ!
ちょうどその時、パブストリート近くに止まっている友人達からおしゃれなカフェにいる写真が送られてきまして、泣きそうになったのは言うまでもありません。(ちなみに、ルークナムがこのホテルを予約した3月6日、友人はいませんでした。ぼっち参加の予定だったのです。ところが、3月~8月の間に、ラン友が出来まして、とにかく前夜祭と大会だけは一緒に参加出来ることになったわけです。)
20597248_1433913740025993_6346828961555496444_n.jpg

朝食ビュッフェも、普通です。
20597457_1434787883271912_7111617349061468526_n.jpg

走った後なので、炭水化物祭りにしましたとさ。
20621122_1434787899938577_2064916536283321827_n.jpg

そして、このホテルは、あの国の方が多いです。(トゥクトゥクの運転手&ガイドさん情報) 友達同士で、ドアを開けたままで、会話をするので、うるさかったです。


気になった方はこちらからチェック☆
 ↓



ぽちっとお願いします。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





タイ・ブログランキング


テーマ : 世界遺産
ジャンル : 海外情報

シェムリアップ:ベンメリア遺跡観光ツアーに行ってきました。

ツアー名:ベンメリア遺跡観光ツアー(午後の部)
参加費用:70 USD(ぼっち参加は出来ず、二人分の料金を支払いました。)

※有名なツアー会社のようですが、HPの内容が分かりにくく、誤解を招きやすいので、紹介はしません。例えば、対象ツアーに参加したらWifiルーター無料と書いてあるのに、実は午前中のみ対象だった、とか。コンファームのメール内容がミスってて2回来たりとか。行く前から、アジア現地日系旅行会社に有りがちなとほほ感満載でした。現地会社は現地扱い。期待はしないで行ってきたのです。

二人分払ったんだから、もちろん、プライベートかと思ってたら、他の客が3人いました。 ルークナム、ツアーが終わった時にアンケート用紙を渡されたので、この料金の件を質問しました。もちろん、その返事はありません。それなのにツアー参加の感想をその旅行サイトに書けという要求メールが来てました。そのメールは、そのまま削除したのは言うまでもありません。
次は使わねえし。

まあ、金の問題だけで、景色はすごく幻想的で、ガイドさんの説明もよかったので、よしとします。汗だくになって、結構歩いて、翌日のマラソン大会に支障が出ないか心配でしたけど、支障があるような距離でもないし、余裕でした。
ちなみに、ガイドさんに最初に会った時に、「帰りにスーパーに寄って欲しい。」とお願いしたのですが、まるっきり無視されてました。カンボジア・クオリティー。

まあまあ、ルークナムのBBAの愚痴は置いておいて、どんなんだったか紹介します。
ガイドさんが言うには、「ここの遺跡は中国人と日本人に大人気です。」とのことです。なぜなら、『ラピュタの世界感押し』をしているからです。関係ないらしいっすけどね。
11世紀~12世紀に作られたらしいですけど(wikipediaより)、どうやってこの石を切り出したのか、そして運んだのか、そういうのを考えながら見学するのは楽しかったです。

入場料 5USD。別払い。(ツアーに含まれていません。そういうの含んでいて欲しいという気持ち。)
20526306_1434042483346452_582520166620547790_n.jpg

20604428_1434042713346429_7173804830324208221_n.jpg

子供たちが木に登って、果物の収穫中でした。
20638808_1434044076679626_4720798018389332386_n.jpg

キタ━(゚∀゚)━!
やっぱりすごかった。
20604708_1434050200012347_6752192301875427130_n.jpg

20663945_1434050276679006_2503778479366720420_n.jpg

20638072_1434050390012328_5993088674940642801_n.jpg

20604649_1434050776678956_722465839971156210_n.jpg

こうやってみると、キットカットの抹茶味みたいじゃね?
20604740_1434050810012286_4825266003937683451_n.jpg

雨期に見学に行った方が苔の色がきれいだそうですよ。但し、天候が晴れか曇りが雨かは、あなたの運次第です。
20596977_1434051033345597_5541926049106811613_n.jpg

薄暗い通路を通らせてくれたのですが、カビ臭くないのが不思議。
20597506_1434051293345571_5457678460701286099_n.jpg

20604488_1434051323345568_4699624143163011977_n.jpg

20604347_1434051453345555_1435285152707062990_n.jpg

このツアー、午後参加だど、『特別夕日付』となってますが、いきなり横道に入った先にある田んぼから見る夕日です。
20621107_1434086966675337_3128277273054684085_n.jpg

曇ってて見えねえ。(こんなレベルでした。うきうきして損した。)
20526312_1434087033341997_5055929231166892131_n.jpg

遠くに仏像が見えて、有難かったです✨
20604541_1434087000008667_4978066712031996029_n.jpg

ガイドさん、日本語めっちゃうまかったです。(※許可をもらって掲載しています。)
※制服から旅行会社を限定しないでね。
https://www.facebook.com/san.po.52
20621056_1434052423345458_2798336264707546757_n.jpg

ちなみに、Wifiはどうしたか。
ルークナムは、マラソンの時は携帯2台持ちです。んで、今回はカンボジア遠征だったので、タイからSIM2FLYと、現地でWifiルーターをレンタルしました。現地のWifiルーターは1日10ドルでした。

ルークナム、本来の目的はAngkor Empire Full & Half Marathon 2017の10㌔マラソンに参加するために行ったのです。が、ちょっとばっかし時間がなくてアップ出来ない状況です。
マラソン大会参加レポートは、ルークナム渾身のレポートであるにも関わらず(時間もかかるし、気持ちもめいっぱい入っております)、人気がないという状態なのですが、近日中にアップしますので、数少ない大会レポート・ファンの皆さま、今しばらくお待ちください。

 


ぽちっとお願いします。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





タイ・ブログランキング



テーマ : 世界遺産
ジャンル : 海外情報

Bangkok Marathon 2017-Micro Marathonに出るために泊まったホテル。

ホテル名:Baan Kachitpan
宿泊日:
チェックイン22JUL17
チェックアウト23JUL17
予約日:20JUL17
料金:THB1,531.44

この大会は、当初のスタート予定が5:30でしたが、5:00に変更になったものです。朝タクシーでもいいいのですが、3:30起きるの辛い~、タクシー探すのヤダ~、と思って、ホテルというかゲストハウスを探しました。
どうせ、寝るだけだろう、と思って行ったのですが、思いの他、楽しかった件についてレポートします♥

宿の紹介です。

ちょっと分かりにくいです。細い路地をはいります。
20246256_1421229017961132_5978904373799473264_n.jpg

ほ、本当にここでいいの? …と不安になりそうですが。
20228883_1421229204627780_2602084693706084092_n.jpg

ありました~。
あっ。ルークナムは、フアランポーンからバイタクを使いました。60バーツでした。Giant Swingが見えたので、「ここでいいよ。後は自分で探すから。」と言ったのですが、バイタクの兄ちゃんが「この辺の路地は分かりにくいから探してあげるよ。」と言って、探してくれました。助かりました。
20264579_1421229041294463_2472907610241147427_n.jpg

何故かここの路地、ネコとイヌが多かったです。
夜や早朝、犬に吠えられたらいやだなーと怯えていましたが、ほぼ飼い猫、飼い犬らしくて、早朝にはいませんでした。
20258215_1421229187961115_2057384254000649916_n.jpg

こんな感じです。
20229359_1421229067961127_115986385492335794_n.jpg

お部屋の中はアンティーク家具を中心にラブリー仕様です。
20228357_1421229084627792_5563700839069061010_n.jpg

20245732_1421229131294454_8014190893824687891_n.jpg

20294239_1421229107961123_558991291641805473_n.jpg

20229165_1421229167961117_809556528421151404_n.jpg

朝ごはんでーす♥
注意:ハートマークは自分で書いてくださいね。スタッフは書いてくれません。
20248414_1421837057900328_3114857254261963680_o.jpg

その他、ルークナムのコメント:
お部屋の中には、冷蔵庫がありません。ルークナム、マラソン大会が終わったらぼっち祝杯をあげる予定でチューハイを持っていきましたが、冷やせませんでした。ただ、お願いすればきっと冷やしくれたはずですが、面倒なのでお願いしませんでした。
ドライヤーはついてました。歯ブラシはついてません。
あと、2階の部屋はお部屋にバスルームがついておらず、共有のようです。「いろいろなお部屋に泊まって欲しいわあ♥」と熱烈歓迎されましたが、バスルームのついていない部屋はイヤです。

お金持ちファミリーが、お部屋が余っているので、ゲストハウスを始めたそうです。
とっても、フレンドリーでホームステイをしているような心地よさです。「朝、4時過ぎにマラソン大会に行く。」と言っていたら、スタッフの人が「大丈夫? 連れて行ってあげようか?」と言ってくれて、本当に朝、早起きしてくれていました。もちろん、自分で行けましたけど、なんだか、ほんわかしました。

次のバンコクマラソン2017本番(10㌔)や、Bangkok 10 km International Runに行くときにはまた泊まろうかなと思いました。(微妙な距離だけど。)
あっ、夜中に、火の用心的な、下町独特の鐘慣らし、みたいなのがあります。周りが静かな分、音が響いて起きてしまったので、神経質な方はご注意です。

さてさて。
どうせ寝るだけと思って、予約した宿ですが、マラソン大会の下見&カオサンをプラプラしました。ルークナム、カオサンへ行くのは本当に久しぶりです。だから、ここの店、おススメだよ、とかは言えませんが、心地いいお店見つけましたよ。ぼっち向けの。

ルークナム、タイに住んでいますが、こういうタイっぽい風景が大好きです。
20245621_1421229274627773_7136989386439412611_n.jpg

スタート地点の目印。
20228609_1421229297961104_6876137395936092331_n.jpg

次にカオサンへ向かいました。
20228624_1421267547957279_8574144661232897172_n.jpg

おおおお。久しぶり。そしてすごい人。みんな夏休み?
20229262_1421267571290610_1450767056885403234_n.jpg

どこの店も外国人グループで満席です。ルークナム、ぼっちだし、そんなに頼む予定もなかったので、路地を探します。
20245870_1421267604623940_3083871116081312664_n.jpg

ぼっちでも楽しいよ♪
20156032_1421267641290603_3090455689280389389_n.jpg

強がりじゃないよ♪
20292752_1421267614623939_3271454313082008216_n.jpg

翌日は、大好きなフアランポーン駅に寄って、旅気分を味わいました。
20228428_1421891317894902_5040410105498087884_n.jpg

ということで、今回の『ルークナムの非日常のススメ』はおしまいです。同じバンコクでも、ちょっと場所を変えただけで、リーズナブルに非日常気分を味わえちゃうのがいいところ。リフレッシュできました~。
20229288_1421891331228234_7677421014237310355_n.jpg



気になった方は、価格と場所をチェックしてみて下さい☆
 ↓




ぽちっとお願いします。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ





タイ・ブログランキング


テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド バンコク

友人の息子さんの出家式に参列した件。

友人から、招待状が届きました。
場所は、プラチンブリのとある寺。「6:00から断髪式があるから、絶対に来て!」と言われました。6:00にプラチンブリに行くということは、バンコク発3:00?
無理っす。
19748795_1406843679399666_1871131177608450457_n.jpg

まあ、いろいろあって、1週間前になったら、「なんか寺が忙しくて、金曜日にある程度の儀式を済ませちゃうって~。」と言われました。いいの、そんなんで?

「とにかく出来るだけ早く来てね!」と言われ、とりあえずバンコクを6:00に出ることに…。到着したのは、9:00でした。

誰もいねえ。
19702549_1406843719399662_2189319584049722316_n.jpg

タイあるあるだよね。
19732063_1406843742732993_1781408580311422644_n.jpg

その日は、アサラハブーチャ(三宝節)。寺の周りを3周する行事があるということで、まずはそちら行きました。
19959055_1406843492733018_17425088949651538_n.jpg

お坊さんについて3周します。
19884317_1406843536066347_4387574002817944891_n.jpg

なんだか、出家式の前に、もうパワーを手にいれたような気分になりました。
19875097_1406843569399677_8284092411094402275_n.jpg

はあ、落ち着く。
19895051_1406843626066338_2557726462924390644_n.jpg

「で、出家式の儀式はいつなの~?」と思いながら、ただひたすら待つ時間です。
ご家族お方は、お寺のお坊さんへタンブンをしたようですが、私たちは、待つのみ。

そうこうしているうちに食事がふるまわれました。時間は、11時半過ぎです。
「え、じゃ、バンコク出てくるのって、9時過ぎでよかったんじゃね?」という気持ちを抑え、ひたすら、食事をしながら、待つのみです。
19875445_1406927012724666_8161430845878457804_n.jpg

テーブルは、席は決まっていません。知らない人と同席して、なごやかに話すのがタイ人ですね。
「え、もうカオパットが出てきたわ。」「魚は出るかしら?」「ああ、ブタが出てきたわ。」と、食事内容の品評会。お坊さんになる儀式だから、酒は禁酒だよね、と思っていたら、遠くの長老のテーブルでは、ビールを持ち込む人たちが…。
え、いいの?
19875156_1406927052724662_190850737210156406_n.jpg

19756354_1406927072724660_5493365473520248120_n.jpg

19748736_1406936592723708_1905805384176027510_n.jpg

19732190_1406927082724659_7675455714836774206_n.jpg

そうこうしているうちに、友人と息子さん、登場。
はあ、やっと来たか。
19731794_1406926966058004_4448076563976671478_n.jpg

気付いたら、儀式が始まっていました。
参列者が、お水を掛けます。
19702480_1406998466050854_3411903742745621161_n.jpg

その後、寺の周りを踊りながら3周します。
19756648_1406998582717509_4305758597497552226_n.jpg

音楽隊。
19554955_1406998689384165_3708238211834429593_n.jpg

19732106_1406998726050828_3765206473787789467_n.jpg

19731863_1406998746050826_8538574584924846306_n.jpg

有難い行列です。
19732026_1406998916050809_3497221612597037122_n.jpg

踊れ、踊れ~♪
19959066_1406998856050815_5913827740020708191_n.jpg

踊りまくると運気が上がるそうです。
19656955_1406998826050818_8480043764259911553_n.jpg

3周終了すると、いよいよお寺内に入ります。
19884182_1406998949384139_655742626535971037_n.jpg

19875252_1406998969384137_4312432253536960343_n.jpg

有難い、品。(中にコインが入ってます。
19875644_1406999012717466_5539173267391654532_n.jpg

お坊さんになりました。
19756666_1407037649380269_3805745692845038399_n.jpg

ルークナム、タイに20年以上住んでいますが、出家式に招待されたのは初めてでした。だから、自分が全体儀式のどこの部分に参列出来たのかイマイチ理解出来ていないのですが、タイ人にとって、とても大切で有難い儀式だっていうのは分かりました。
家族、近所の人はもちろんのこと、友人のバンコクの友人、取引先の友人達、「え、こんなつながりまで?」と思うくらいの人たちが集まっていました。
ルークナム、かつてはプラチンブリの工場で働いていたことがあるので、かつての友人たち(スタッフ達)にあって、大いに写真を撮って、しゃべって、懐かしみました。

貴重な体験でした。


  



ぷちっとよろしくお願いします♥
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





タイ・ブログランキング


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド

プロフィール

luuknum

Author:luuknum
『Run and Be Happy』 

タイで、現地採用で働いてます。なんだかんだでタイが好きで日本も好きです。
タイのマラソン大会に参加してます。「デブのランナー」を目指してましたが、デブには限界があることに気付き、ダイエットもしています。
体重幅は20㌔。生まれてから、太ってはダイエット、リバウンドしてはダイエットを繰り返している学ばないデブです。
タイのマラソン大会に関するご質問メール・コメントには出来る限りお答えします。
※マラソン大会以外の記事を書くこともありますが、それに関するお問合せ・コメントは、受け付けておりません。

カテゴリ
最新記事
luuknumの過去の記事を検索!
luuknumの全記事表示↓

全ての記事を表示する

ルークナムへメール☆彡

名前:
メール:
件名:
本文:

いつも有難うございます♥
ルークナムにも出来た!
ためになるブログご紹介
ポチっとお願いします♥
安心旅★JTB
あると便利★クレジットカード
小顔体験♥
お口の恋人♥ロッテ
いろいろ選べるハンコ★
買っちゃおう★Amazon
商品の検索↓
おススメ♥
買っちゃおう★Lazada
買っちゃおう★ヨーカドー
泊まっちゃおう★
♥AGODA検索♥

アユタヤへGO!

チェンマイへGO!

パタヤへGO!