弔問に行ったので、エメラルド寺院へお参りに行きました。

日時:2017年7月28日
日程:弔問→エメラルド寺院→ランチ→船でサパーンタクシン橋へ。

今日の記事は、情報ゼロです。ただただルークナムのゆるゆる日記なです。そういうのに興味のない方はすっ飛ばしてください。ルークナムの数少ないマラソン記事ファンの皆さま、申し訳ございません。

ルークナム、7ケ月ぶりにエメラルド寺院へ行きましたが、一緒に行ったタイ人男性が、「エメラルド寺院に来るのは、生まれて初めてだ。」と言うのを聞いて、こういう人もいるのね、と驚いた次第です。

…早い時間なので人がまばらです。
20375793_1426619037422130_5684854001250914565_n.jpg

お参りセットは、30バーツ。
20265086_1426619047422129_3570655298827066025_n.jpg

ルークナムも写真を撮るのが好きですが、景色撮影がほとんどです。タイ人の皆さまの写真好き・自分好きはその比ではありません。特に女性は! 
この日は、タイ人男性3名、タイ人女性3人、日本人女性1人だったワケですが、男性の皆さまは、荷物持ちと写真撮影係。もう、命令されるがままに、だらだらと写真を撮り続けるタイ人女性たちに付き合っているのでした。
20376118_1426619060755461_7153042073892517787_n.jpg

20294191_1426619070755460_570705067621529939_n.jpg

20479564_1426619090755458_8808428131810974217_n.jpg

20375652_1426619127422121_6838993095494015668_n.jpg

20429698_1426619100755457_3282033865620111750_n.jpg

パワースポットです。心穏やか。運気アップです。
20292914_1426619197422114_3331542686810544936_n.jpg

終了~。
タイ人の友人の皆さま、滅多にこのエリアに来ないので、「素敵なお店を紹介して。」と私に無茶を言ってきます。
無理っす。
20294031_1426657110751656_8769019313885631494_n.jpg

友人がネットで探した店へ、船に載って、別の船着き場へ移動です。普通の船で3バーツです。
20294338_1426657160751651_4294153480552386737_n.jpg

ルークナム、船に乘るのが苦手です。旗の色で分かれているのですが、どれに乘ればいいのか、どっちの方向の船に乗ればいいのか、分からないからです。
実際、この日もタイ人の友達といましたが、タイ人も間違えていましたし!
20294245_1426657214084979_4245377677462800377_n.jpg

タイ人の友人が選んだ店は『SUSHI』の店でした。
寿司とスシとSUSHIを同じものだと思ってはいけないのです。SUSHIはSUSHIっ!
20374429_1426702370747130_1308430485287892908_n.jpg

メニューを見た途端、「あらら…」と思いましたが、友人の中には日本へ行ったことのある人が2人いて、「サシミも食べれますけど、何か?」感アリアリ。FBとインスタに写真を速攻アップしていました。
20293987_1426702397413794_6710022450068776968_n.jpg

安いので、許す。
20429960_1426702414080459_7751840871302603949_n.jpg

もう文化祭の料理感。
20479626_1426702454080455_3634298240704787100_n.jpg

でも、みんながきゃっきゃしているからいいのです~♥
20430012_1426702430747124_8914570550886948882_n.jpg

20292934_1426702487413785_385070239228371684_n.jpg

20476245_1474956059230942_6541614513907099899_n.jpg

友人達は、市場散策に向かいましたが、ルークナム、残業&早起き&BBAだから、ふらふらです。先に帰ります。
20374605_1426743910742976_2268521590389489391_n.jpg

係員さんが、行先をがーがーっているのですが、早口過ぎて聞き取れない。多分、最終船着き場の名前を言っているのですが、それが、サパーンタクシンを通過するのか分かりません。
もー、その辺のタイ人のおば様に聞くし、失礼ながら信用出来ないので、係員さんにも確認します。
20431223_1426743924076308_5290313130591006207_n.jpg

ルークナムのようにわなわな感をアピールしておくと、優しいおば様が、「次が降り場よ!」と教えてくれるので、便利です。おば様、有難う♪
20292931_1426743940742973_1510784159891533784_n.jpg

ということで、BTSの駅に到着した時には、まだ12時前でした。
20292838_1426744087409625_2700396014547662601_n.jpg

先週に続いて、またまた小旅行→非日常で、楽しかったのでした。
普通に会社で働いていると、あまりタイにいることを実感出来ないし、「タイ人ってばっ!」とイライラしてしまうことが多いのです。でも、ちょっと外出して、タイ人の優しさに触れたりすると、自分が好きでタイにいることを思い出したり、やっぱり、タイ人って優しいな~と感じることが出来て、ほんわか出来るのです。
だからタイにいるんだった!


ぽちっとお願いします。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ




タイ・ブログランキング


テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド バンコク

(記録用)2回目弔問 ‐ プミポン国王にお別れとお礼を伝えに行ってきました。

日時: 2017年7月28日

いよいよ弔問出来る期間も残すところ、あと数か月になりました。また、弔問客が増えつつあると聞いて、早めに行っておこうということになったワケです。
この日は、ワチラロンコン国王のお誕生日。”白い服に黒い紋章着用”とのデマが静かに流れるのはタイあるある。「それ、誰の発表なんだよ。」という情報を本気で信じてしまうのが、ルークナムの友人です。もちろん、当日はみんな黒着用でしたけど。

前回の弔問記事はこちらから。
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-403.html

さて、待ち合わせ時間は、5:00。ROYAL HOTELの前で待ち合わせです。7人で待ち合わせだったのですが、結局全員そろったのは、5:30。「ちっ。あと30分寝てられたじゃねーかよっ。」なんて言ったりしません。だらだら待つのが、タイ人です。ルークナムはそういうところが未だに日本人です。遅刻が許せなくて朝からイライラしました。

待ち合わせ場所です。
20294081_1426526827431351_3010749508679518829_n.jpg

続々と弔問客が歩いているので、ルークナム、気が気じゃありません。
20292573_1426526854098015_7676216783315076647_n.jpg

ようやく、入口に向かいました。5:30です。
ここで、IDカード、パスポートの提示が必要です。
20430030_1426526910764676_5274842587505266700_n.jpg

割と空いているかも…? いやいや油断は禁物です。
20430090_1426526950764672_2100419055987463629_n.jpg

お水の無料配布です。
20476472_1426526977431336_1947883896279888600_n.jpg

ああ、やっぱりここで待つのですね。…と、2時間待ち? 3時間待ち? と覚悟をしたところ…。
20430166_1426527120764655_3472190207370555926_n.jpg

さくっと、移動です。
20374609_1426537767430257_4592811011742650885_n.jpg

「写真撮らず、進みなさい~!」と注意を受けつつ…。済みません。
20430060_1426537780763589_6338747982545911690_n.jpg

あれ、もう少しじゃない?
20431569_1426537790763588_7896937116081135420_n.jpg

20429897_1426537900763577_2658208261057473610_n.jpg

こんなに静かにきちんと並んでいるタイ人の皆さまはここでしか見れませんから。
20292611_1426537850763582_9043760605798717681_n.jpg

あれ…。もう、すぐ近くまで来ています。
前回、来た時のようなテント下での待機時間ゼロでした。
20374633_1426592650758102_6910861558861558561_n.jpg

観光客がいない静かな時間。ただ前に来た時は、写真を撮りまくる人はいませんでしたが、少し緩やかになったのか自撮りをする人たちが見られました。
20292798_1426592634091437_2180078871068642126_n.jpg

この奥が、王様のご遺体が安置されている王宮内です。ここからは、撮影禁止、土足禁止、鞄は手に持つように(斜めがけ禁止・肩掛け禁止)です。靴は渡される黒いビニール袋にいれ(後で返す)にいれて自分で持ちます。

王様のいらっしゃるお部屋に入り、横座りをし、係員の合図で手を合わせ一斉に1回頭を床につけて終了です。10秒くらいです。
20375618_1426592910758076_4164070020500336761_n.jpg

外に出たら、まだ6:30。
1時間くらいでした。「友人は、せっかく来たんだし、列も長くないから、もう一回並びたい!」と言ってましたが、もちろん却下。でも、確かに、バンコク在住ならば、また行く機会はあると思いますが、地方からだと「最初で最後だな~」と思ってしまうかもしれません。
16807700_1426592937424740_4892752612606649260_n.jpg

出口。
20265084_1426592964091404_7413616166190179541_n.jpg

今回、頂いたプミポン国王のお写真と牛乳です。
無料食料配布は最小限に抑えられていました。弔問客ではないのに、それをもらいにくる人が後を絶たず、人でごった返すからだそうです。
15012381825690.jpg

お粥コーナー。
20294174_1426592987424735_3741025499746275924_n.jpg

外に出て、みんなで写真大会をしました。
20292935_1426593017424732_4617420652365921014_n.jpg

20294246_1426593164091384_2195967265393423496_n.jpg

20430127_1426593194091381_7469071764150793555_n.jpg

前回の時のように”悲しみ&絶望”の感情はなかったですが、静かに悲しかったです。そして、ご存命の時の王様のお姿を思い出しました。

プミポン国王のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
タイが混乱することなく国王が安心してお休みになられますように。


ぽちっとお願いします。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ





タイ・ブログランキング


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド バンコク

(記録用)弔問 ‐ プミポン国王にお別れとお礼を伝えに行ってきました。

日時: 2016年12月19日

プミポン国王の弔問に行ってきました。

前日から地方に住むタイ人の友人3人が私の部屋に泊まりました。

踵まで覆われた黒い靴しかダメだとか、斜めがけのバックや肩掛けのトートバックのようなものではダメで手に持つバックではなければダメだとか、もういろいろなうわさが飛び交っていて、何か本当なのか分かりません。

私は踵がある靴が苦手なので、こういう靴しか持っていないのですが、友人に「入れない可能性があるからダメ!」と却下されシークレットシューズみたいな昔の運動靴で行かされました(捨てずに持っていてよかったです)。実際にこういう踵なしの靴の人は、2人見かけましたが、皆さまきちんとした靴を履いてました。
14821443193480.jpg

友人達の服装チェックが終了後、22時就寝。2時起床。3時出発です。

実際に、王宮近くのRoyal Rattanakosin Hotelの脇の道に到着したのが、3:40でした。
門が開いて弔問客を受け入れるのは5:00だと聞いていたので、1時間以上その場で待つのを覚悟していました。
15589615_1206783279405708_1904641498090286586_n.jpg

ご老人もかなりいましたので、体力が持つのかこちらが心配になりました。
15622116_1206817986068904_4947158430599804392_n.jpg

5:00ようやく、ここまで移動し、テントが見えてきました。
15621662_1206817989402237_1801497550887242804_n.jpg

道を渡るのも警察の指示に従いました。
15590118_1206818026068900_3137589209619745858_n.jpg

慌ただしくて写真が撮れなかったのですが、手荷物検査とIDカード確認(私はパスポート提示)がありました。「外国人はダメ」と言われたらどうしよう、と思ってましたが、無事に通過できました。
15578467_1206817992735570_780724247583575834_n.jpg

友人のタイ人もよく分かっていなかったのですが、並んでいる私たちの行列を抜かしていく団体は、コネで横入りをする団体なのかと思いましたが、別の方向からの行列に並びに行く人のようでした。他の行列がすごく流れているような気がしたりして、ちょっとやきもきしました。結局、どこの行列に並ぶのが一番いいのかは、分かりませんでした。
※手前が私たちが並んでいる列で、道の向かい側の列が早く流れている気がしました。
15442353_1206823769401659_713833090869112635_n.jpg

右手に見えている人たちが、私たちよりもさらに前から並んでいたであろうタイ人の皆さま。私たちは何時間後にその位置に行けるんだろうと、不安になるほどです。
15590179_1206835592733810_1908470836743803915_n.jpg

ひたすら並ぶのみ。
15589816_1206835569400479_3854277413752969614_n.jpg

ここに来ると、扇風機があったり水があったり、安心エリアに突入です。
15578894_1206835692733800_643928941525803472_n.jpg

ここがうわさの、「テント下、待機場所!」です。
15589486_1206835676067135_713506333468176379_n.jpg

ようやく椅子のエリアに到着しました。 多分、5:30くらいだったと思います。
15578739_1206835602733809_5726160529218386474_n.jpg

私たちのエリアは、「ง-1」。タイ語を勉強したことのある方なら分かると思いますが、結構前の方です。
ก→ข→ค→ง (ฆはなかったように思います。)
15542325_1206835759400460_5411075642189352500_n.jpg

あっという間にいっぱいです。
警察官、兵士が大勢いて、
①トイレに行く人は早めに行け。
②心臓や血圧の病気のある人は無理するな。
③足の悪い人は車いすの用意があるので言うように。
と繰り返し放送していました。
15589914_1206835712733798_11814968531682728_n.jpg

簡易トイレバスもかなり多いです。
以前は、数が少なくて長蛇の列だったという話も聞いてましたが、これなら安心です。
水・おかゆ・サンドイッチ・お茶などが無料で配られていましたが、やはり、「10時間待ちかもしれない。」という心配があるので、水分と食事は控えたいところです。
15665404_1206870349397001_5479428981752035383_n.jpg

うとうとしつつ雑談しつつ携帯をいじりつつ待っていると、いよいよ私たちの列が呼ばれました!!移動です。
多分この時、8:00過ぎていたと思います。
15590254_1207062946044408_914885322618461739_n.jpg

この辺りでは、兵士が多く、「ちゃんと4列で」と規則正しい整列を指示されました。そんな中でも、「気分の悪い人は早めに言うように。血圧の高い人は無理しないように。」と何度も言ってました。きっと、倒れちゃう人が続出したんでしょう。ただでさえ、王様にお別れを言うという緊張&不安の中で、ですから。

写真の右側を見て頂くと分かりますがここでもテント&椅子があります。ここで待機せずにはいれたのはラッキーだったとしか言いようがありません。
15621837_1207062949377741_7465963372516560999_n.jpg

ひたすら歩きます。いつもはだらだら文句を言いそうなタイ人のみなさまも、規則を守り暑いなど一言も言わずに並んでいます。
15590435_1207062936044409_5459903979054628920_n.jpg

ここで、立ったまま待たされるようなことはなくひたすら歩く感じです。(時間帯に寄るのかもしれません。)
15542131_1207062952711074_6245807053144934300_n.jpg

あっこれが見えると、いつものバンコクマラソンのゴールが近いのです。…そんな不謹慎なことを考えちゃいけないと反省しながら進みます。
15590536_1207062956044407_80469620718973892_n (1)

(友達が撮った写真なので、ちょっと時系列がずれているかもしれませんが、まだひたすら並んでます。)
1482147484528.jpg

まだ、ここは土足ですし、鞄も斜めがけです。
15589599_1207063039377732_4960469887391946849_n.jpg

「いよいよか。」という緊張感が漂います。
(友達は分かっていたかもしれませんが、会話もしなかったし、カメラを構えている人もいませんでした。携帯は電源を切るようには言われませんでしたが、マナーモードにするように言われました。)
15621631_1207063042711065_997015362988125775_n.jpg

15665739_1207063142711055_3020907595536152991_n.jpg

1482147516251.jpg

この先のエリアからは、撮影禁止、土足禁止、鞄は手に持つように(斜めがけ禁止・肩掛け禁止)言われました。靴は黒いビニール袋にいれ、それにいれて自分で持ちます。
外で待っている時にお経が聞こえましたが、私たちが構内に入った時には終了していました。

王様のいらっしゃるお部屋に入り、横座りをして、1回頭を床につけるワイをし、終わりです。「前はもと長かったはずだ。」とタイ人の友人がそこだけは不満を漏らしてました。
時計を見たら、9:30でした。思っていたよりもずっと早く終わってしまいました。

外に出て、弔問の記念の写真と品(お米)を受け取りました。
15541875_1207063166044386_1911399715439928577_n.jpg

15541948_1207092986041404_698191717700241595_n.jpg

せっかく近くまで来たので、ワットプラケオへお参りに行きました。弔問記念品を持っていたので、ルークナムもタイ人の入口から入ることが出来て、またお寺の中でも、内側のスペースでお参り出来ました。←特別に許してください。
15622370_1207063302711039_6685313041356911754_n.jpg

15578971_1207092976041405_4655641219471288141_n.jpg

15589769_1207291449354891_3381199312910723845_n.jpg

15492091_1207093106041392_1845091754062351320_n.jpg

15590460_1207092969374739_6737063017202545153_n.jpg

15622515_1207093012708068_2662222679266254681_n.jpg

15621817_1207093212708048_408123166972042389_n.jpg

2人の友人が靴擦れになってしまい、もう歩きたくないというので、無料バスにのってタクシーの拾えるところまで行き、タクシーで帰りました。
王宮エリアを出たのは、10:40でした。弔問6時間、ワットプラケオお参り1時間、合計約7時間で終われたのは運がよかったと思います。
15542124_1207093229374713_3310123509851570133_n.jpg

早朝がいいと言うものでもなく、ある日の夕方に行ってそれほど待たずには入れた人もいるらしいです。状況は変わるので、誰の意見も参考にせず、”10~12時間かかる”くらいの気持ちで行かれたらいいと思います。
それほど、タイ人にとっては(もちろんルークナムにとっても)大切な時間でした。機会があればまた行きたいですが、まだ行っていないタイ人の皆さまもたくさんいると思うので、遠慮した方がよさそうです。

今日は、ルークナムも友人達も、まだたくさん残っている有給休暇を使って行ってきました。

今日、行ってきて、また改めて思いました。
プミポン国王のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
何度も言ってますが、タイが混乱することなく国王が安心してお休みになられますように。


いつも有難うございます。ご面倒ですが、よろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ





タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

(記録用)この歴史的瞬間。

Screenshot_2016-12-01-22-55-28.jpg

正直、まだ、慣れないです。
ワチラロンコン新国王。

こんなに歴史的なことが起こっているのに、タイ人スタッフ・タイ友達のLINEグループはいたって静かです。
11月30日の夕方、周りのタイ人に聞きましたが、「ああ、まあ、なるでしょうけどね。」と冷めた感じでした。

ワチラロンコン新国王-รัชกาลที่ 10(ラチャガーンティー10)が国民から、案外やるじゃん、さすが王様の息子!!と思われる日が一日も早く訪れますように。「お父さん」と呼ばれ全国民に愛される日がきますように。
ルークナムがフルマラソンを走る以上に奇跡と呼んでいいほどの願いですが、今後のタイは、ワチラロンコン新国王にすべてかかっています。

とりあえず。
ทรงพระเจริญยิ่งยืนนาน


応援よろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ





タイ・ブログランキング


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

私も結構持ってました→『王様の記念紙幣・コイン・切手』

ここのところ、王様記念写真・紙幣がブームでございますが、第一次購入者が高額で転売したりするのを見るにつけ、「商売にするなよ。」と思う今日この頃です。

そういえば、私も結構持ってたよな、と思って引っ張り出してみたら、ありました、ありました。
タイ人の友人に頂いたもの、友人に協力してもらって手にいれたもの、何気に集めたもの。

自慢します。

14947876_1162436613840375_360744666622380623_n.jpg

15027470_1162436700507033_1346672976259353302_n.jpg

15032713_1162436647173705_1456288368668102209_n.jpg

15032697_1162437000507003_7020797434960715049_n.jpg

15036174_1162437067173663_1083167996656202359_n.jpg

14980779_1162436723840364_8543881331265295392_n.jpg

14947625_1162436757173694_7003277024212467598_n.jpg

14992040_1162436910507012_6435407486681370563_n.jpg

14955900_1162436953840341_5796386997041434586_n.jpg

14963394_1162437150506988_7982127804117747669_n.jpg

14937206_1162436807173689_6267504012023883759_n.jpg

14937367_1162436853840351_3675537447228791825_n.jpg

15094906_1167157920034911_8267437943402077032_n.jpg


限定ものもありますし、マラソン大会で手にいれた記念切手もありましたけど、普通~に郵便局で手にいれることが出来るものもあります。(今は在庫があるのか分かりませんが。)
お時間がありましたら、郵便局をのぞいてみるものいいかもしれません。

過去の記事: 郵便局で記念切手購入の巻。
http://luuknum.blog.fc2.com/blog-entry-50.html

王様は尊敬しておりますし、記念グッズもたくさん持っていますが、内心、困っているのは、無料新聞などの王様のお写真が印刷されているものです。この前、ちょっと雑に扱ってしまったら、タイ人の友人にイヤな顔をされました。みんな捨てないで取っておくのでしょうか。ちょっと取り扱いに困っています。


今日のルークナムの独り言:
知り合いにしょっちゅう「いつから喪服着なくていいの?」と聞かれてうざいです。そんなに黒い服を着るのって大変なんでしょうか?
政府が『一般人は喪服1ケ月』とアナウンスを出したけれども、タイ人のみなさまは、政府から言われたから黒い服を着ているワケではありません。自分の意志です。だから、いつから元に戻るかなんて誰も分からないし、予想もつきません。
ただ、私が感じるのは、
〇郊外に出ると、少し黒率が下がる印象。
〇FB: 一般記事(自撮り・食事・景色)のカラーが増えた印象。プロフィールはカラーに戻す会社が増えてきました。個人は半々くらい。
〇インスタ: 投稿写真はカラー、プロフィールもカラーに戻す人が増えた印象。
〇王様写真の投稿数は減りつつある印象。

ちなみにルークナムのプロフィールやブログのモノクロは今年いっぱいはそのままにしておく予定です。来年になったらまた考えます。


応援よろしくお願いします。ご面倒ですがよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ





タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

tag : タイランド バンコク

プロフィール

luuknum

Author:luuknum
『Run and Be Happy』 

タイで、現地採用で働いてます。なんだかんだでタイが好きで日本も好きです。
タイのマラソン大会に参加してます。「デブのランナー」を目指してましたが、デブには限界があることに気付き、ダイエットもしています。
体重幅は20㌔。生まれてから、太ってはダイエット、リバウンドしてはダイエットを繰り返している学ばないデブです。
タイのマラソン大会に関するご質問メール・コメントには出来る限りお答えします。
※マラソン大会以外の記事を書くこともありますが、それに関するお問合せ・コメントは、受け付けておりません。

カテゴリ
最新記事
luuknumの過去の記事を検索!
luuknumの全記事表示↓

全ての記事を表示する

ルークナムへメール☆彡

名前:
メール:
件名:
本文:

いつも有難うございます♥
ルークナムにも出来た!
ためになるブログご紹介
ポチっとお願いします♥
安心旅★JTB
あると便利★クレジットカード
小顔体験♥
お口の恋人♥ロッテ
いろいろ選べるハンコ★
買っちゃおう★Amazon
商品の検索↓
おススメ♥
買っちゃおう★Lazada
買っちゃおう★ヨーカドー
泊まっちゃおう★
♥AGODA検索♥

アユタヤへGO!

チェンマイへGO!

パタヤへGO!